僕が実際に肌で感じた、なぜ日本人は英語を話せないのか? の答え

僕が実際に肌で感じた、なぜ日本人は英語を話せないのか? の答え

なぜ日本人は英語を話せないのか?

 

……と語っているサイトはたくさんあります。僕もそのほとんどが合っていると思います。

 

 

日本人は恥ずかしがり屋で謙虚だから
学校教育が英会話を重視していない
出る杭は打たれる国民性
そもそも言語が違いすぎる

 

などなど、ここら辺のことはどのサイトでも書かれていると思うので、今回は僕が海外でいろんな国の人に出会って感じた「だから外国人は英語を話せるんだ~(^^;)」と肌で感じたことをお話ししたいと思います。

 

幼少期からずっと外国に対する情報量が違いすぎる

これはどういうことかと言うと、僕の海外の友達と生い立ちやら文化やらいろいろ話をして改めて気づいた僕が小さかった頃の日本のことです。ちょっと回りくどい言い方になってしまいますが、

 

昔のイケイケの日本経済が英語を舐めていた?

 

バブル期のことは僕はほとんど記憶にないのですが、日本は島国です。そして戦後かなりの急スピードで経済が発展し、豊かになりました。一気に世界第二位の経済大国になって、しかも内需(日本国内)だけでもなかなか経済力があったと思います。

となると英語は必要ですか?むしろ外国から日本企業に働こう、取引しよう、と夢を抱き一生懸命日本語を勉強してきた外国人の人たちも多かったと思います。そこでちゃんと英語を身につけた日本人がどれだけいたか?恥ずかしいくらい当時の日本人の英語力は乏しかったと聞きました。

 

海外旅行でわかるアジア諸国の必死さ

 

特に東南アジアに海外旅行したら気づくと思いますが、英語のみならず、日本語も話せる人が日本人のそれより、圧倒的に多いです。それはなぜかというと、彼らは必死で、食べて生きていくには自国の国民だけを相手にしていたら食べていけないから小さい時から英語やコミュニケーションスキルを身につけるのです。

 

日本人はどうですか?今でこそグローバル化で外国人観光客も増え、そこにフォーカスする人たちも増えていると思いますが、ほかの国では昔からずっとやってきていることなのです。

 

 

日本語を話せる台湾や韓国の人が多いと思いませんか?

 

僕が海外で出会った台湾人や韓国人は日本語や日本のことをよく知っている人が多いです。それもそのはず、日本のテレビやアニメ、漫画が流通しているからです。

 

確かに僕も台湾、韓国に旅行に行ったとき、ホテルのテレビに日本のテレビ番組のチャンネルがありました。日本の漫画、アニメを全く知らないという彼らを見たことがないし、日本の歴史に詳しい人も多いです。結局、海外の文化や言葉を取り入れることに小さい頃から慣れているのです。では僕の時代の日本はどうだったか?というと、悪気はないんですけど、どちらの国も全く情報がなかったから興味がなかった。

 

今でこそ韓流ブームや親日台湾の影響で興味を持っている人は多いと思いますが、その、他国に興味を持つという歴史が日本は他の国に比べて圧倒的に浅いと思います。

 

文法めちゃくちゃなのによくしゃべるブラジル人

 

よーく聞いたら文法めちゃくちゃじゃん!?って思うことも多々ありましたが、ブラジル人は総じて会話できました。日本人にはなかなかできない勢いでごまかすというテクニックを持っている人が多かったです。でもこれは非常に大切なことで簡単に言えば

 

正確に話そうとする日本人に対し伝わるように話すブラジル人

 

といった感じでしょうか?

 

正確に話せないのなら話さない方が良いと考えているような日本の恥の文化が語学習得の妨げになっているのではないかと思ったりもしています。

 

例えば、

 

I eated Sushi. (正確にはI ate Sushi.)とか言ってもぶっちゃけ伝わりますし、大げさに言えば、伝われば問題ないんです。でも日本だとどうでしょう?ガリ勉先生が無機質な言葉で間違いを指摘する光景が目に浮かびます。

 

間違いを指摘されることが恥ずかしいと感じるか、多少間違えてでも勢いで自分の考えを伝えようとするか、どちらの人が成長するかは明白です。

 

 

僕も日本にいる外国人の友達がいますが、多少日本語がおかしくても伝われば気にしませんし、むしろ日本語を直してくれる人なんてほとんどいないと思います。

 

 

日本はすごい!の時代はもうとっくに終わった

昔の日本ならそれでも経済力を武器に余裕で乗り越えていたと思います。でもそんな時代はもうとっくに終わりました。バブルは弾けて、インターネットが普及し、グローバル化が広がり、情報量が限りなく平等になり、世界と対等に戦っていかなくてはなりません。

 

その中で英語力を身に付けるということはもはや当たり前となるでしょうし、必然的に日本もそのようになるのではないかな?と思ったりもしています。

 

そこで現実的に英語+何かがないとこれからの時代は厳しいんじゃないでしょうか?でも悲観する必要はないと思います。嫌でもグローバル化が英語教育と環境を後押ししてきているので、日本人の英語力はどんどん向上していくと思います。そこで大切なことは日本人としてのプライドは保ちつつ、他人と話すことが苦手な人はその恥ずかしさを克服し、がむしゃらに取り組みましょう。

未分類カテゴリの最新記事